債務整理ロジック

借金を繰り返すのをやめるために読む3つのポイント

借金に頼るのはよくないとわかっていながらも、借金を繰り返すのがやめられないという人は少なくありません。

借金を繰り返す人には、いくつかの特徴があります。そうした特徴から抜け出すことで、借金を繰り返すのを防ぐことができるのです。

ここでは、もう借金を繰り返さないようにするために知っておくべき3つのポイントを紹介していきます。

支出をコントロールしないと借金を繰り返すことになる

借金を繰り返す人は、収入に対して支出が多い傾向があります。

毎月自分がいくら使っているのかをきちんと把握しておらず、無意識に無駄遣いをしているケースもよくあります。

また、ギャンブルや浪費で借金をしてしまう人の中には、わかっていてもやめられない依存症になっている人もいます。その場合は心療内科や精神科のある病院で治療を受けることも必要です。

借金を繰り返すのをやめたければ節約する癖をつけること

借金を繰り返すのをやめたければ、収入を増やすか支出を減らすしかありません。とはいえ、収入を増やすのは簡単なことではないので、まずは支出を減らすことが重要です。

支出を減らす第一歩としては、家計簿をつけることです。支出を見えるようにすることで、自分がどんなものに無駄遣いをしているか把握できます。

例えば、お菓子にお金を使い過ぎている人の場合、ご飯をしっかり食べてお菓子を買う数自体を減らすなどの工夫が必要になります。

また、同じお菓子を買うにしてもコンビニで買うのとスーパーで買うのとでは価格が違いますので、買いたいときはできるだけ安く抑えるという意識も大切です。

最低返済額しか返さないと借金を繰り返すことになりやすい

支出を減らした後は、余裕ができたぶんをいくらか返済に回しましょう。

お金を借りた会社から指定されている最低返済額しか返済しない月ばかり続くと、いつまで経っても返済が終わらず、別の会社から借金を繰り返すはめになりかねません。

家計に余裕を作って少しずつでも多くの金額を返済することで、より早く返済の負担から抜け出すことができるようになります。

まとめ

借金を繰り返すのをやめるためには、収入を増やすか支出を減らし、毎月の返済額を上げることが重要です。

そのためにはまず、自分の支出をきちんと把握し、どこに無駄があるのかを判断する必要があります。

そのうえで、生活を工夫して無駄を減らし、家計に余裕を作りましょう。

また、借金に依存している人は病院などで治療を受けることも必要です。