債務整理ロジック

借金返済が苦しいときに読む3つのポイント

借金返済が長く続いたり、返済の金額が大きかったりすると、生活が苦しくなるものですよね。

気持ちも苦しくなって、生活の質が落ちてしまうことも多々あります。

借金返済が苦しい時は、なぜ返済が苦しくなるのかという仕組みを知り、家計を工夫することで改善できることがあります。

また、それでも借金で苦しい状態から抜け出せない場合は、債務整理をするという方法もあります。

借金返済が苦しい理由はこれ

借金の返済がいつまでも終わらない。毎月の返済が苦しい。そうなってしまう原因は、お金を借りた会社が決めた最低返済額だけしか支払っていない状態が長く続くことにあります。

返済するときにもらえる取引明細には、支払った金額のうち利息がいくらで元本の返済がいくらというふうに書いてあります。

最低返済額しか支払わないと、その大部分が利息の支払いに充てられることになり、元本がいつまで経っても減らないので、返済が延々と続くことになります。

苦しい借金から解放されるためにできること

苦しい借金返済を終わらせるには、最低返済額よりも多くの金額を毎月入金できるようにすることがとても重要です。

そのためには、生活を工夫して家計に余裕を作ることが必要となります。

例えば、同じペットボトル飲料を買うにしても、コンビニで買うと150円+消費税などとなるところを、スーパーで買えば半分程度の価格で済ませることができます。

また、クレジットカードでの支払いに頼るとお金をどれだけ使っているかの感覚が薄れてしまいますので、カード払いは必要最低限にとどめたほうがいいです。

さらに、家計簿をつけることで余計な出費がどれなのかを把握することもできます。

それでも借金返済が苦しいときは債務整理

生活を見直して家計に余裕を作り、最低返済額よりも多くの金額を入金できるようにできればベストですが、収入が足りなかったりどうしても削れない支出があったりしてできない人もいると思います。

その場合は、任意整理・個人再生・自己破産といった債務整理を検討してみましょう。

債務整理は借金そのものを減らしたりなくしたりできる正式な手続きなので、どうしても返済のめどが立たない場合は活用していきましょう。

まとめ

借金の返済が苦しくなるのは、毎月最低返済額しか入金できずに返済がずっと続いてしまうからです。

生活を見直して家計に余裕を作り、毎月より多くの金額を返済できるように心がけましょう。

それでも返済のめどが立たない場合は、借金を減らせる正式な手続きである債務整理を活用したほうがいいでしょう。