債務整理ロジック

借金の返済が進まない人に読んでほしい3つのコツ

きちんと返せると思って借金をしたものの、なかなか返済が進まないという人は少なからずいると思います。
借金の返済にはコツがあり、なんとなく返済を続けていくよりもコツを踏まえて返済していったほうが早く借金を完済することができます。
ここでは、借金返済のコツとして3つの方法を紹介していきます。

借金返済の最大の敵は利息

当たり前の話ですが、借金には利息が付きます。毎月返済しているお金は全額が元本の返済になっているわけではなく、小さくない金額が利息の支払いに消えています。
特に、借金の借入先が決めた最低返済額しか返済しない状態だと、返済している金額の半分以上が利息の支払いに充てられ、元本がほとんど減らないということにもなります。
そのため、借金の返済を早く終わらせたければ、最低返済額より大きい金額を返済する「繰り上げ返済」を心がける必要があるのです。
また、借金が複数ある場合は、金利の高い借金を優先して返済すれば返済の負担を抑えることができます。

借金の返済には節約も大切

借金を早く返済するには繰り上げ返済が必須なので、繰り上げ返済できるだけのお金の余裕を作る必要があります。
お金の余裕を作るには収入を増やすか支出を減らす必要がありますが、支出を減らすという意味では節約が有効です。
例えば、コンビニでお菓子や飲み物を買うことが多い人は、スーパーを利用する習慣をつけるだけでも節約になります。
また、スマホの料金プランを見直すなど、固定費を減らせないかチェックするのも有効です。

借金の返済が無理なら債務整理を

どうしても借金の返済が難しい場合は、債務整理を行うという方法もあります。
債務整理には任意整理・個人再生・自己破産の3種類があり、最もたくさんの人に利用されている任意整理の場合は、借金の利息を全額カットしてもらったうえで返済期間を60回払い程度に設定してもらうことができ、毎月の負担額が半分以下になることも多いです。
個人再生や自己破産の場合はもっと借金減額効果が大きくなりますが、そのぶんデメリットも増えます。
債務整理をしたい場合は、弁護士事務所や司法書士事務所に相談してください。無料相談を受け付けている法律事務所もたくさんあります。

まとめ

借金返済のコツとしては、まず繰り上げ返済を行うことで利息の負担を小さくすることがあります。
また、繰り上げ返済できるだけのお金を確保するために節約をする必要もあります。
どうしても借金が返済できない場合は、弁護士事務所や司法書士事務所に相談して債務整理をするとよいでしょう。