債務整理ロジック

友達から借金をしないほうがいい理由と解決策

「金の切れ目は縁の切れ目」というように、友達から借金をすると友人関係にひびが入ったり、最悪の場合絶縁されたりするおそれがあります。

しかし、「急に医療費が必要になった」「新しく事業を始めたい」「どうしても支払いに間に合わない」など、借金をしなければ乗り切れない事情ができてしまうことはないとは言い切れません。

ここでは、友達から借金をしないほうがいい理由と、友達から借金をする代わりに取ることができる解決策についてまとめていきます。

友達から借金をすると縁が切れる可能性もある

「小銭を払わないといけないところで小銭を切らしていた」「帰りの電車賃が足りなかった」など、少額の借金であれば、大きなトラブルにはならないかもしれません。

しかし、借金額が万単位になってくると、友達からした借金を返せなかった場合、絶縁されたりすることもあるでしょう。

また、友達からお金を借りるのが日常茶飯事というようになってくると、「この人はお金にだらしない」「この人は信用できない」と思われる可能性も高くなります。

結果として、借金をさせてもらった友達を失うことになりかねないので、友達から借金はしないほうがいいのです。

友達に借金をしたくない人がお金を借りる方法

友達に借金をする以外の方法でお金を借りたい場合、銀行カードローンや消費者金融で借金をしたり、クレジットカードのキャッシング枠を利用したりする方法があります。

銀行カードローンと消費者金融を比較した場合、金利がより低い銀行カードローンのほうがおすすめです。

銀行からの借金というとアルバイトやパートなどでは利用できないのではないかと思われがちですが、安定して収入を得ていることを証明できれば、正社員でない人やフリーランスの人でも銀行カードローンを利用することは可能です。

また、クレジットカードにはキャッシング枠というものがあり、限度額を設定すればATMを利用して直接お金を借りることが可能です。

限度額が未設定の場合は、カード会社のウェブサイトにログインして設定すれば借金できるようになります。

まとめ

友達から借金をすることの最大のデメリットは、お金を借りた友達を失う可能性があるということでしょう。

また、絶縁されるまでいかなくても、「この人はお金にだらしない」と信用を失うことになるかもしれません。

誰にも迷惑をかけずに借金するには、銀行カードローンや消費者金融、クレジットカードのキャッシング枠を利用するといった方法があります。