債務整理ロジック

借金の滞納で裁判になったときにやるべきたった一つの対応

借金の滞納を放置し続けていると、裁判になって裁判所から訴状が郵送されてきます。

このとき、無視してしまうのが最もよくない対応で、裁判に負けて差し押さえを受けることになってしまいます。

借金の滞納で裁判を起こされても、まだ債務整理で対応することは可能です。

債務整理で対応すれば借金を減らしたり無くしたりできるので、裁判後に差し押さえを受けるよりもはるかに良い結果を迎えることができるでしょう。

借金の滞納を放置すると裁判になり差し押さえを受ける

借金を滞納するとまず電話や郵便で督促が来ますが、それを放置していると「借金を一括払いで返済してください」という内容証明郵便が来ます。

それでも滞納を放置していると、借金の返済を求めて裁判を起こされます。

この裁判に負けた場合、裁判所から支払命令が出て、最終的には給料や財産を差し押さえられる結果になります。

借金の滞納で裁判になったら債務整理で対応するのがベスト

借金の滞納で既に裁判を起こされている場合でも、債務整理という方法で対応することができます。

債務整理は法的に認められた借金を減らすための手続きで、弁護士や司法書士に依頼して行います。

既に裁判になっている場合、債務整理の中でも個人再生や自己破産が特に有効です。

個人再生を選んだ場合、裁判は止まりませんが、手続きが終わるまで差し押さえができなくなります。

その間に債務整理の手続きを終わらせれば、元本を5分の1程度まで減らしてもらい、3~5年で返済するという条件で借金問題を解決できます。

また、自己破産の場合は財産のない人がとる同時廃止だと差し押さえの差し止め、財産のある人がとる管財事件だと訴訟の中断といった対応がされるため、無事に自己破産を認めてもらえれば借金を返す必要がなくなります。

三重県で自己破産に強い弁護士はこちら

まとめ

借金を滞納して督促を無視し続けていると、一括返済を求められた後に裁判を起こされ、最終的には差し押さえを受けることになります。

既に裁判を起こされた後であっても、弁護士や司法書士に依頼して債務整理を行い、借金を減額または免除してもらうことは可能です。

個人再生なら差し押さえをストップさせてもらっている間に元本を5分の1程度まで減額してもらうことができ、自己破産なら差し押さえの差し止めや裁判の中断をしてもらっている間に借金自体をなくすことができます。