債務整理ロジック

借金がある人が転職する前に読む2つのポイント

借金があって返済中の人でも、「働いている職場が自分に合わない」「もっと高い収入を得たい」などの理由で、転職を希望することはあるでしょう。

「借金があることで転職に悪影響が出るのではないか」と心配になるのは自然なことです。

ここでは、借金があると本当に転職への影響は出るのかを考察したうえで、もし面接で借金があるか聞かれたらどのように答えるべきかを考えていきます。

ほとんどの場合借金があっても転職に影響は出ない

借金があるという情報は、お金を借りている会社と、銀行・クレジットカード会社・消費者金融が加盟している「信用情報機関」にしか知らされません。

また、信用情報機関の情報は、お金を貸す会社が相手の返済能力を調べるためにのみ閲覧できるものなので、一般の会社は見ることができません。

そのため、自分から話さない限り、借金があることは転職先の会社にはバレません。

ただし、金融業界の会社など、信用情報機関の情報を見ることができる会社の場合は、借金があることが会社にバレる可能性はないとは言い切れません。

転職時の面接で借金について聞かれたら

金融業界の会社や警備会社などでは、転職時の面接で「借金はありますか」という質問をされることもあります。

こうした会社では顧客の現金を扱うことになるため、従業員が信用できるかどうか判断する材料の一つとして、このような質問をします。

この場合、嘘をついたことがバレるという展開が最も望ましくないものといえるでしょう。

借金の中でも奨学金や住宅ローンなどは問題にならないことが多いですし、カードローンやキャッシングの場合も、用途がはっきりしていて返済の見込みがあるなら、借金があっても採用される可能性があります。

重要なのは、借金の経緯や返済の見込みをしっかり説明できることでしょう。

まとめ

借金をしているという情報は銀行・クレジットカード会社・消費者金融にしか伝わらないので、それ以外の会社で借金のために転職に失敗するというケースはほぼないといえます。

ただし、上記の会社は信用情報機関の情報を見ることができるので、借金のことがバレる可能性はあるということを覚えておいてください。

また、金融業界の会社や警備会社などでは、転職時の面接で借金の有無を聞かれることがあります。

この場合は、借金をした理由や返済のめどが立っていることをきちんと説明できるようにしましょう。