債務整理ロジック

借金があるとアパート契約ができない?借りるためのポイントとは

借金を抱えている人がアパートに引っ越しをする場合、借金を理由としてアパート契約を断られるのではないかという懸念があると思います。
結論からいうと、借金があるからといって必ずアパート契約の審査に落ちてしまうわけではありません。
借金を背負っていてもアパートを借りられた人は、世の中にたくさんいます。

借金があってもアパート契約の審査に通る可能性はある

アパートの入居審査では、年収、職業、人柄、滞納歴、連帯保証人の有無、トラブルを起こさないかどうか、といった項目がポイントとなっています。
借金があると審査ではマイナスになるのではないかと思われがちですが、借金を返済しながら家賃をしっかり支払えると証明することができれば、入居審査に通る可能性があります。
借金を抱えている人でも、毎月返済しつつ家賃を支払えるだけの収入があれば、支払能力があると判断してもらえます。
逆に、家賃と借金の返済額を考えると収入が足りないのではないかと思われてしまうと、入居審査に落ちる可能性は高くなります。

借金がある人はアパート契約時の家賃保証会社に注意

アパート契約時に家賃保証会社を利用する場合も、借金があるだけで審査に落ちるということはありません。
ただし、借金を返しきれずに債務整理をした場合や、滞納が3カ月以上続いた場合は、「信用情報機関」にその情報が登録されています。
家賃保証会社の中には信用情報機関の情報を見ることができる「信販系」とよばれる会社があり、債務整理や滞納をしたことがあると審査に落ちやすくなるといわれています。
家賃保証会社には信販系でない会社もあるので、信販系の保証会社で審査に落ちてしまう場合は、他の保証会社を利用できないか不動産会社などに相談してみるとよいでしょう。

まとめ

借金があるということだけを理由としてアパート契約の審査に落ちるということはありませんが、家賃と借金の返済額を考えると収入が足りないと判断されてしまうと、支払能力がないとして審査に落とされてしまう可能性があります。
また、アパート契約時に家賃保証会社を利用する場合、債務整理した人や滞納が3カ月以上続いた人は注意が必要です。
信販系とよばれる保証会社は信用情報機関の情報を見ることができるので、債務整理や滞納の記録があると審査に落ちやすくなるといわれています。
審査に落ちた場合は信販系以外の保証会社を紹介してもらいましょう。