債務整理ロジック

借金と年収の関係について知る3つのポイント

借金と年収の関係をきちんと把握するには、借金をするときのルールである「総量規制」について正しく知る必要があります。

また、「借金は年収の何%までなら大丈夫ですか?」という質問を見かけたことがある人は少なくないでしょう。

ここでは、総量規制についてわかりやすく説明したうえで、「借金は年収の何%まで?」という質問への答えを示していきます。

年収で借金できる額が決まるルール「総量規制」

クレジットカードのキャッシング枠や消費者金融で借金をするときは、「年収の3分の1までしか貸してはいけない」という総量規制というルールが適用されます。

例えば、年収が300万円なら、借金できる金額は100万円までです。

総量規制は1社あたりの借金額ではなく、その人の借金の総額を規制するものなので、年収300万円の人がプロミスで90万円借りてアイフルでさらに50万円借りるといったことはできないようになっています。

銀行は総量規制の対象外なので年収に関係なく借金できる

総量規制には対象外となる借金がいくつかありますが、簡単に言うと総量規制に含まれないのは銀行からの借金です。

銀行でできる借金には住宅ローンや自動車ローンなどの低金利ローンに加えて、金利が高めの銀行カードローンがあります。

銀行カードローンは消費者金融でお金を借りるのと似た感覚で借金ができてしまううえ、総量規制の対象に含まれていないので、借りすぎてしまうという危険性があります。

借金は「年収の〇%まで」ではなく「返済できるかどうか」を考えて

「借金をしていい金額は年収の何%までですか?」という質問はインターネット上でよく見かけるものですが、実際には「借金は年収の〇%まで」と考えるよりも、「返済できるかどうか」を判断する方が重要です。

例えば、同じ100万円を借金するにしても、自動車ローンとして100万円を借りるのと消費者金融で100万円を借りるのとでは、金利も返済プランも異なってきます。

また、消費者金融で100万円を借りた場合をとってみても、会社側が指定した最低返済額だけを毎月支払い続けるのか、それより多くの金額を支払って繰り上げ返済できるのかによっても、返済のしやすさは変わります。

借金をするときは、まず返済プランをしっかり考えたほうがよいといえるでしょう。

まとめ

消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠の借金は「総量規制」の対象であり、借金総額が年収の3分の1を超えてはいけないことになっています。

ただし、銀行からの借金は総量規制に含まれないため、銀行カードローンを利用する場合などは注意が必要です。

また、借金額を考えるときは、「年収の何%まで」ではなく、返済プランをしっかり立てるほうが現実的です。