債務整理ロジック

借金を借り換えるメリットとデメリットを解説

「借金の返済が負担だな」と感じたら、借り換えをするのも一つの方法です。

借金の借り換えには毎月の負担を軽減できるというメリットがありますが、返済総額が増えてしまうというデメリットもあります。

また、借り換えでは借金自体が減ることはありませんが、債務整理をすることで借金自体を減らすという方法もあります。

借金の金利はお金を借りるときの重要なポイント

借金をするとき、金利がどのくらいなのかは非常に重要なポイントです。

どこからお金を借りるか考えるときは、「審査の通りやすさ」「返済が手軽にできるか」などの要素に加えて、「金利が高いか低いか」を必ずチェックするべきです。

ここでは、借金の金利とはそもそも何なのかに加えて、金利が違うと返済総額はどのくらい変わるのか、会社による金利の違いといった内容を説明していきます。

借金返済が苦しいときに読む3つのポイント

借金返済が長く続いたり、返済の金額が大きかったりすると、生活が苦しくなるものですよね。

気持ちも苦しくなって、生活の質が落ちてしまうことも多々あります。

借金返済が苦しい時は、なぜ返済が苦しくなるのかという仕組みを知り、家計を工夫することで改善できることがあります。

また、それでも借金で苦しい状態から抜け出せない場合は、債務整理をするという方法もあります。

借金を繰り返すのをやめるために読む3つのポイント

借金に頼るのはよくないとわかっていながらも、借金を繰り返すのがやめられないという人は少なくありません。

借金を繰り返す人には、いくつかの特徴があります。そうした特徴から抜け出すことで、借金を繰り返すのを防ぐことができるのです。

ここでは、もう借金を繰り返さないようにするために知っておくべき3つのポイントを紹介していきます。

借金がある人が結婚前にやっておくべき3つのこと

恋人と結婚することになったときに借金があったとしたらどうするべきか、はっきりわかっている人というのは多くないように思います。

まず、借金のことを結婚相手に打ち明けるかどうか決めなければなりません。

また、少しでも借金を減らすために繰り上げ返済を検討するべきでしょう。

完済のめどが立たない場合には、債務整理も視野に入れる必要があります。

借金の滞納で裁判になったときにやるべきたった一つの対応

借金の滞納を放置し続けていると、裁判になって裁判所から訴状が郵送されてきます。

このとき、無視してしまうのが最もよくない対応で、裁判に負けて差し押さえを受けることになってしまいます。

借金の滞納で裁判を起こされても、まだ債務整理で対応することは可能です。

債務整理で対応すれば借金を減らしたり無くしたりできるので、裁判後に差し押さえを受けるよりもはるかに良い結果を迎えることができるでしょう。

借金がある人が転職する前に読む2つのポイント

借金があって返済中の人でも、「働いている職場が自分に合わない」「もっと高い収入を得たい」などの理由で、転職を希望することはあるでしょう。

「借金があることで転職に悪影響が出るのではないか」と心配になるのは自然なことです。

ここでは、借金があると本当に転職への影響は出るのかを考察したうえで、もし面接で借金があるか聞かれたらどのように答えるべきかを考えていきます。

友達から借金をしないほうがいい理由と解決策

「金の切れ目は縁の切れ目」というように、友達から借金をすると友人関係にひびが入ったり、最悪の場合絶縁されたりするおそれがあります。

しかし、「急に医療費が必要になった」「新しく事業を始めたい」「どうしても支払いに間に合わない」など、借金をしなければ乗り切れない事情ができてしまうことはないとは言い切れません。

ここでは、友達から借金をしないほうがいい理由と、友達から借金をする代わりに取ることができる解決策についてまとめていきます。

借金と年収の関係について知る3つのポイント

借金と年収の関係をきちんと把握するには、借金をするときのルールである「総量規制」について正しく知る必要があります。

また、「借金は年収の何%までなら大丈夫ですか?」という質問を見かけたことがある人は少なくないでしょう。

ここでは、総量規制についてわかりやすく説明したうえで、「借金は年収の何%まで?」という質問への答えを示していきます。

借金を早く返済したほうがいい理由とそのための方法

「借金は早く返済したほうがいい」というのは誰でもわかることだと思いますが、その理由はご存知ですか?

ここでは、なぜ借金は早く返済したほうがいいのかという理由を説明したうえで、借金を早く返済するための方法を紹介します。